ミカルディスの副作用に「咳」は少ない

ミカルディスは、高血圧症の治療に用いられる薬で血圧を下げる効果のあるいわゆる降圧剤です。
高血圧患者への投与だけではなく、心不全などの心臓病や、糖尿性腎症などの腎臓病にも用いられる事もあります。
ミカルディスはテルミサルタンを有効成分としていて、テルミサルタン製剤は腎障害を伴う高血圧症に有用で、早朝の血圧コントロールに優れているのが特徴です。
ミカルディスの有効成分であるテルミアサルタンは、アンジオテンシンII受容体拮抗薬に分類されるもので、ACE阻害薬と近い形になっています。
しかし、ミカルディスにはこれまでのACE阻害薬と異なる特徴があるのです。
その特徴とはこれまでのACE阻害薬と比べて、副作用が少ないという事です。
特に副作用に「咳」は少ないとされており、この薬を処方する医師が多くなっているのです。
他にも、ミカルディスは服用後にすぐ吸収され効果が出るまで早いという事と、効果が持続するという特徴もあるので、1日1回の服用で効果を維持出来るという特徴もあります。
高血圧の治療は長期に渡って行われる事が多いので、1日1回の服用で良いというのは患者側にとっても大きなメリットです。
ミカルディスに副作用は少ないと言っても、血圧を下げる薬なので降圧によるめまいやふらつきは生じる可能性はあります。
なので、特に初期に関してはより一層、車の運転や高所などは十分に注意する必要があります。
また、腎動脈狭窄、高カリウム血症、重い肝・腎機能障害、脳血管障害などのある人は使用出来ない場合もあります。
いずれにしても、現在服用中の薬がある場合や、他の薬が必要となった場合は必ず医師や薬剤師に報告・相談を行う事が大切です。

■ミカルディスのほかにもノルバスクが有名です
アムロジピンは高血圧症に有効