ミカルディスとカルピスの特保で標高が高い山登りも

高血圧でミカルディスを服用して血圧が安定している人の中には趣味で山登りなどをする人はいます。降圧剤のミカルディスを服用しているから標高の高い所には行けないのだろうと思い込んでせっかくの楽しい趣味を諦めている人もいるでしょう。でも、きちんとミカルディスを服用していて体調もいい状態であれば標高を気にしなくても良いのです。その時にはもちろん普段でもカルピスから出ている特保飲料を飲んで血圧の安定を保つことは大切なことです。標高があまりにも高いところに登る場合には血圧の上昇などもあるのですが、日本の中にある山あたりでしたら、ミカルディス服用とカルピスの特保で大丈夫だと思われます。しかし、それは誰にでも大丈夫との事ではなく、普段からある程度の山歩きをしている人にはカルピスの特保飲料の助けもあり、悪影響は出ないと思います。そうは言っても高血圧は侮れない病気なのです。年齢が上がってくると誰にでも起きる動脈硬化ですが、高血圧の人にとってはその状態が早く進む場合もあります。そうなると、いろいろな臓器に病気という形に現れてきます。心筋梗塞、狭心症、腎臓の機能が衰えてくるなど重大な事になる動脈硬化です。少しでも症状を良くするためには普段の生活を見直すことが大事なことです。なによりも生活習慣病とまで言われている高血圧ですから、食生活を改善していくことが1番早い道です。塩分を控えて、動物性脂肪を控えること、そして肥満は血圧を上げる一因ともなりますからカロリーをよく考えて総カロリーを多くしない食事が望まれます。その時には一緒にカルピスの特保飲料を取ることも効果的だと言えます。運動はもちろん山登りの時だけではなく毎日必要です。