月次アーカイブ: 1月 2015

「降圧剤」とは、高血圧を下げ、血管の破裂などの危険を避けるために使用される薬のことです。

「降圧剤」には、さまざまな種類があります。
その種類には、血管の動脈硬化や収縮を防ぎ、交感神経活性亢進を抑える「ARB」や「ACE阻害薬」、利尿と塩分排出作用のある「利尿剤」、血管の収縮防止効果のある「カルシウム拮抗剤」、心拍数減少や交感神経の抑制に効果のある「β遮断薬」、血管を拡張し排尿障害に効果的な「α遮断薬」、心臓を落ち着かせる効果のある「αβ遮断薬」、ARBやカルシウム拮抗剤などを合わせた「合剤」などがあります。

このように、さまざまある「降圧剤」ですが、服用の際に気をつけたいのが降圧剤の副作用です。

「ACE阻害薬」で一番多い症状は、空咳や喉の違和感です。
その他にもめまいや低血圧、低カリウム血症などを引き起こす場合もあります。
「利尿剤」では、高血糖や低カリウム血症、めまいや尿酸値の上昇などの症状がある場合があります。
「カルシウム拮抗剤」は、頭痛・むくみ・動悸・便秘といった副作用があります。
また、グレープフルーツと供に服用することが禁止されているのが特徴です。
「β遮断薬」には、鬱や脱力感などの副作用があります。
「α遮断薬」には、めまい・立ちくらみ・動悸等の副作用があるようです。
また、「ARB」は比較的副作用が少ないといわれていますが、妊婦への使用は禁止されています。

■高血圧で頭が痛いときの対処法
偏頭痛の治療薬

アンジオテンシン受容体に働きかけるミカルディスは、降圧剤の一種です。
高血圧症の治療に用いられ、血圧低下の効果以外にも水分や電解質の作用を整える効果もあり、心臓や腎臓の負担を軽減することができます。

服用者に多い副作用として、じんましんがあります。
皮膚の浅い部分にぶつぶつや赤みが大小様々でき、かゆみを伴います。
また、熱さを感じる場合やチクチクと感じることもあります。
低血圧やめまい、ふらつき、頭痛などがあります。
また、医薬品成分に対するアレルギーであるアナフィラキシーの症状がでることがあります。
皮膚のかゆみやむくみ、吐気などがあらわれます。

他にも、手や唇のしびれや手足の麻痺などの高カリウム血症、脱力感や冷や汗、空腹感などの低血糖、意識消失、むくみや全身のだるさ、尿量減少などの腎機能障害などの症状があわられた場合には、使用を中止し、担当の医師や薬剤師に相談する必要があります。

以前薬を使用して発疹やかゆみなどのアレルギー症状が出たことがある人や、肝障害、糖尿病、他に薬を使っている場合には、お互いに作用が強くなったり弱めてしまうことがあるため、注意が必要になるため、事前に担当の医師や薬剤師に伝える必要があります。