月次アーカイブ: 1月 2016

特に中年世代から急に増える高血圧症とその予備軍、健康診断の結果を気にしている働き盛りの人は多いでしょう、要経過観察を越えて既に予備軍とは言えぬ場合は生活指導と薬物治療が始まります。
高血圧症の医薬品は様々なものが多数開発され使用されています、その中でよく使われる医薬品としてミカルディス、ヘルベッサー、テノーミンといったものがあります、これらはそれぞれ作用機序が異なります。
ミカルディスはアンジオテンシンII受容体阻害薬です、血管に作用し血圧を上げる働きのあるアンジオテンシンIIという物質が結びつく受容体をブロックします、ブロックされた受容体はアンジオテンシンIIと結び付けないので血圧の上昇は起きなくなります、代謝が胆のうなのでミカルディスは腎臓機能に問題のある人にも使えます、また、ミカルディスは上市が2002年と比較的新しい医薬品です。
ヘルベッサーはカルシウム拮抗剤です、カルシウムが血管の細胞内に入ると平滑筋が収縮して血圧が上がるのですが、ヘルベッサーはその過程を阻害します、カルシウムの影響を受けなくなると血管は緩んだ状態のままなので血圧は上がりません、また、末梢血管よりも冠動脈での効果が高いのが特徴的で、他のカルシウム拮抗剤とは違って心拍を抑える働きもあります。
テノーミンはβ遮断薬です、心機能を亢進させるβ1受容体を阻害します、これにより心拍が抑えられ送り出される血液の量も抑えられるので血圧が下がります、テノーミンは心機能の亢進により心臓が酸欠に陥り狭心症発作を起こす危険性を下げます。
生活環境の改善と合わせて、医師の指導の下、正しい服用方法や食べ合わせなどの注意点を守って上手に血圧をコントロールしたいものです。