月次アーカイブ: 12月 2017

メインテートというのは血圧を下げる効果がある薬です。
血圧を下げる仕組みは、メインテートが交感神経のβ受容体の働きを阻害し、それにより脈拍を落ち着かせ心臓を休ませるためです。

この薬には血圧を下げる効果がある以外にも、狭心症や不整脈などにも効果があるとされています。
薬の持続効果は高く、半減期も長いのがこの薬の特徴といえます。

またメインテートは、水溶性の薬になっていますので体にほとんど残ることがなく、そのほとんどは尿として排出されます。
そしてこの薬の副作用ですが、一般的には倦怠感とめまいが生じることがいわれており、他の薬との併用も注意が必要になります。

また他にも急性の心不全、腎臓や肝臓に何かしらの異常をお持ちの方や、妊婦の方などは医師と相談の上で慎重に投与をおこなう必要もあります。
他に確認されている副作用としては、息切れやめまい、喘息の発作が出やすくなったり、目が乾燥しやすくなるなどの副作用が確認されています。

この薬の服用ですが、1日に1回が上限とされており、複数回服用する必要のない薬です。
低血圧の方や血圧に関して悩みをお持ちの方は、こういった薬もありますので参考にしてみるのもいいかもしれません。